プラセンタ

自由診療イメージ写真

プラセンタには赤ちゃんを誕生させるために必要な豊富な栄養素と成長因子が豊富に含まれています。また、体内状況を調整する作用をもち、組織を本来あるべき状態に戻そうとする力を発揮します。このような機能に着目し、もともとは肝機能改善薬として用いられていたのですが、現在は美肌作用を期待し、多くの女性の治療に取り入れられています。

プラセンタの主な作用としては、ホルモンバランスを整える、免疫力を高める、肝機能を高める、代謝を良くすると言った効果があります。一方、副作用としては、注射部位の過敏反応、頭痛、ショックなどがあります。当クリニックでは、プラセンタ注射を希望する方に対し、作用と副作用を十分に検討した上で、適切に投与いたします。

にんにく注射

ビタミンB1を主成分とした水溶性ビタミンを静脈に直接注射するものです。体内に注入すると、にんにくのような硫黄の匂いが広がるため、「にんにく注射」と呼ばれています。ビタミンB1は、体内でエネルギーを産生したり疲労物質を除去する際に効果を上げます。そのため、疲れやだるさ、倦怠感を早く回復させたい方にとって、たいへん有効です。副作用については、あまり無いと言われていますが、アレルギー反応や下痢、腹痛が起こる事もまれにあります。