婦人科一般

婦人科イメージ写真

女性の体内では、月経周期などによってホルモンバランスが変化することが多く、それが心身の状態に少なからぬ影響を及ぼしています。婦人科では、このようなホルモン変化の過程で起こってくる症状や病気、および女性生殖器の疾患などを中心に診療いたします。当クリニックは、患者さまのお話をよく伺い、丁寧で親身な医療をご提供いたします。

子宮癌検診

こちらをご覧ください。

子宮癌検診について

ピル・避妊

性行為に伴う妊娠を避けるための方法として、低用量ピルがあります。正しく服用すれば避妊効果は100パーセントに近いと言われています。将来の妊娠に悪影響を及ぼすこともありませんし、体重が増加する心配も不要です。但し、血栓症などのリスクもあるので、当クリニックではしっかり問診を行い、定期的に必要な検査を行うことで安全面に配慮したうえで、処方いたします。

緊急避妊

緊急避妊は、避妊をしないでセックスしてしまったとか、コンドームが破けるなど避妊の失敗が起こったような場合に行われます。幾つかの方法がありますが、最も一般的なのが緊急避妊薬(アフターピル)の服用です。無防備なセックスが行われた後、72時間以内に、しかもできるだけ速やかに所要量のピルを服用します。

なお、緊急避妊薬が妊娠を防止するとは言っても、100%というわけにはいきません。正しく服用した場合でも、約2%に妊娠を防止できないケースがあると言われています。また、避妊出来たかどうかは、服用後すぐにはわかりません。数日ないし数週間後に月経が来て、初めてわかるわけです。もし、予定月経が1週間以上遅れたり、心配なことが出てきたりしましたら、早めにご相談ください。

ブライダルチェック

ブライダルチェックは、妊娠・出産に先立って行われる婦人科系の健診です。ご自身の体の状態や疾患の有無を事前にチェックしておくことにより、妊娠した際に起こりうるトラブルを把握できます。これにより、健康な状態であるならば、安心して出産にのぞめますし、何らかのリスクが見つかったときは、その対策を講じることが出来ます。

このような方はご相談ください

  • 胎児に感染するおそれのある病気をチェックしたい
  • 妊娠・出産に影響する病気をチェックしたい
  • 結婚前にご自身の身体の状況について知っておきたい
  • 現時点では結婚の予定はないが、婦人科疾患の有無について知っておきたい
  • など

一般不妊症/人工授精

不妊症は、なんらかの治療をしないと、それ以降自然に妊娠する可能性がほとんど無い状態を言います。この治療法はいくつもあり、不妊となっている原因によって異なります。代表的な治療法としては、タイミング法や人工授精などがあります。タイミング法は、基礎体温表や超音波検査で排卵日を予測し、排卵日前後に夫婦生活を持つことによって妊娠を目指す治療法です。不妊治療と言うと、人工授精や体外受精などの高度な方法を思い浮かべがちですが、タイミング法で妊娠するケースもよくあります。

一方、人工授精は洗浄した精子を子宮の中に送り込む治療法です。精子が女性の体内に進入するプロセスは通常の性行為とは異なりますが、その後の受精と着床については自然な経過で妊娠が成立することを期待します。